排卵検査薬(日本製&海外製)を通販で購入するおすすめの方法!!

排卵検査薬を通販で購入する方法をまとめました。安い&人気でおすすめの海外製排卵検査薬(ワンステップ、クリアブルー、wondfoなど)を購入できる通販サイトを紹介しています。日本製のもの(ハイテスター、チェックワン、ドゥテストなど)もAmazonや楽天市場を使うと便利です。

日本製の排卵検査薬“PチェックLH”を通販で購入する方法!!

“PチェックLH”という日本製の排卵検査薬をご存知でしょうか?

私は、未だかつてドラッグストアや薬局でPチェックLH排卵検査薬が販売されているのを見たことがありません。

Pチェックの妊娠検査薬はよく見かけるし、私も使ったことがあるんですが、排卵検査薬は本当に全然見かけません!!

 

チェックワンLH排卵検査薬やドゥーテスト排卵検査薬とは少し違った排卵検査薬なので、私自身が妊活中にもこのPチェックLHを使ってみたくて取扱店をわざわざ調べて買いに行ったんですが、残念ながら取扱いしなくなったとのことで購入できず…

私の中では“幻の排卵検査薬”となってしまっています。

 

そんなPチェックLH排卵検査薬の特徴(メリット・デメリット)や、通販で購入する方法についてまとめました。

 

日本製の排卵検査薬“PチェックLH”の特徴(メリット・デメリット)

上にも書いた通り、PチェックLH排卵検査薬はチェックワンLHやドゥーテストLHなどとは少し違った排卵検査薬です。

f:id:tonakaikaix:20170728115349j:plain

商品名:PチェックLH排卵日検査薬

LH検出感度:10mIU/ml、30mIU/ml、100mIU/ml(詳しくは下記参照)

陽性が出る時期:排卵日の最大1.5日前

検査結果の判定方法:判定ラインの本数の増加(詳しくは下記参照)

通販サイト:下記参照

取扱店(薬局やドラッグストア):取扱店検索ページ

価格:1回あたり約¥500~

 

◆PチェックLH排卵日検査薬のメリット◆

① 陽性判定がしやすい!!

➡ チェックワンLHやドゥーテストLHと大きく違うのが検査結果の判定部分。

チェックワンLHやドゥーテストLHは、陽性か陰性かをテストラインと基準ラインの濃淡で判定します。

チェックワンLH排卵検査薬の判定方法↓↓

f:id:tonakaikaix:20170728122341j:plain

PチェックLH排卵日検査薬は、ラインの薄い・濃いは全く関係なく、判定ラインが前日よりも増えたかどうかで判断します。

Pチェック排卵検査薬の判定部↓↓

f:id:tonakaikaix:20170728122100j:plain

f:id:tonakaikaix:20170728122639j:plain

例えば、上の画像のAさんの場合、3日目までは判定ラインは0本ですが4日目に2本になっています。0本から2本に増えているので、この日がLHサージの開始と判断し36時間以内に排卵がおきると予測されます。

上の画像のBさんの場合、1日目も2日目も判定ラインが1本出ています。3日目に1本から3本に増えたので、この日がLHサージの開始とし36時間以内に排卵がおきると予測されるそうです。

 

チェックワンLHやドゥーテストLHのように、テストラインと基準ラインの色を見比べてラインの色の濃さで判断する必要はなく、単純に判定ラインの本数が増えたかどうかで判断するので、陽性判定に迷わない、というのが1番のウリですね。

 

また、普段からLHホルモンが高めの人もいるそうで、そういう人は上の画像のBさんのように、LHサージの開始前から判定ラインが1本だけ表示されてたりするみたいですよ。

 

② LH検出感度が高い!!

➡ 上の画像でもわかるように、Pチェック排卵検査薬は3段階でLHホルモンを検出します。

判定ライン1本:10mIU/ml

判定ライン2本:30mIU/ml

判定ライン3本:100mIU/ml

尿中のLH濃度が10mIU/mlのときから判定ライン1本でお知らせしてくれるので、LHの検出感度はとっても高いといえます。

が!!!

LH濃度が20mIU/mlを超えた場合にLHサージの開始と考えられるので、10mIU/mlを検出したところであまり意味はない気がしますが…10mIU/mlを検出できるからといって、妊娠しやすい日がいち早くわかる!!というわけではないようです。

ちなみに判定ライン2本の30mIU/mlという検出感度は、ドゥーテストLH排卵検査薬のLH検出感度と同じです。

 

ただ、普段からLHホルモンが高めの方の場合、チェックワンLHやドゥーテストLHを使うと毎日うっすら陽性が続いてしまい判定結果がわかりにくいと思います。

このPチェック排卵検査薬だと、判定ラインの本数のみで判断できるのでその点では使いやすいかもしれませんね。

 

③ ドラッグストアや薬局で購入できる!!

➡ PチェックLH排卵検査薬は、他の日本製排卵検査薬と同様にドラッグストアや薬局でも取り扱いされています。

ただし、他の排卵検査薬と比較すると、取扱店舗は少ないように感じます。

上にも書きましたが、私も妊活中にこのPチェックLHを使ってみたくて、取扱店を確認してから買いに行ったんですが、なぜか取り扱いがなくなっていて購入できませんでした。

このPチェックLH排卵日検査薬を使ってみたい!!という方は、取扱店を調べた上で事前に電話で在庫チェックまでしてから買いに行った方がいいかもしれないです。

 

◆PチェックLH排卵日検査薬のデメリット◆

① コスパが悪すぎる!!

➡ 日本製の排卵検査薬の中でもダントツでコスパが悪いのが、PチェックLH排卵検査薬です。なんとなんと1回あたり¥500前後もしちゃいます。

少しでも早くLHサージを捉えるためには、1日2回(朝と夜)は排卵検査薬でチェックしたいところですが、さすがに¥500前後もすると1日2回も使えないですよね…

海外製の排卵検査薬だと、1回あたり¥60前後とかで使えるので、安い海外製の排卵検査薬と併用する!!とかならいいかもしれないです。まぁ、併用する意味があるのかどうかはナゾですが…

 

② 日本製の排卵検査薬なのに、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで購入できない!!

➡ そうなんです。なぜか、このPチェックLH排卵検査薬はAmazonや楽天市場で販売されてないんですよね。何か理由があるんでしょうか?ご存知の方がいれば教えてください!!

日本製の排卵検査薬は、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで手軽に買える!!っていうのがメリットだったりするんですけどね…

 

日本製のPチェックLH排卵検査薬を通販で購入する方法は!?

じゃあ、PチェックLH排卵日検査薬は通販では買えないの!?

ドラッグストアや薬局で売っているところを探して買いに行くしかないの!??

 

…と私も疑問に思い、色々と調べてみたところ、このPチェックLH排卵検査薬を通販で購入できるサイトを見つけました!!!!!

PチェックLH排卵検査薬の通販サイトファミリーファーマシーグローバル

販売ページ↓↓

f:id:tonakaikaix:20170728131350j:plain

シンガポールを拠点にしているお薬の個人輸入サイトで、海外から輸入するというかたちで、このPチェックLH排卵検査薬を購入できるみたいです。

発送方法で書留を選択すれば送料もかかりませんし、商品合計金額が1万円以下であれば関税もかからないはずです(念のため、事前にご確認くださいね!!)。

 

Amazonや楽天市場では購入できませんが、通販でこのPチェックLH排卵検査薬を購入したい!!という方は、ファミリーファーマシーグローバルをチェックしてみてくださいね!!

 

参考記事: